シュメール初期王朝時代

印鑑イメージ

日本で印鑑が使用されるようになったのは、西暦57年ころに、中国から日本に送られたとされており、現在、日本最古の印鑑は、1784年に福岡で発見された、「漢委奴国王」の金印が有名です。

大化の改新の後に、律令の制定とともに公文書の一面に公印が使用されていましたが、次第に簡略化されるようになり、明治時代のころには、印鑑登録制度の実印の使用が法的に認められるようになりました。

しかし、世界の印鑑の歴史について調べてみると、日本で最古の印鑑が見つかったときよりも、はるか昔の紀元前のころから、印章が使用されてたことがわかりました。
印章は、なんと紀元前5000年のころに、古代メソポタミアで使用されるようになったそうです。
その当時は、円筒形の印章を、粘土板の上で転がすタイプのもので、認証などの道具として使用されていたそうです。

古代エジプトでは、紀元前3000年のころに、ヒエログリフが刻印された、スカラベ型の印章が用いられ、それ以来は、認証や封印、また権力の象徴などが目的で広く使用されるようになっていったそうです。

紀元前2600年頃、シュメール初期王朝時代では、マリにあるイシュタル神殿で、動物と戦う英雄を描いた円筒印章とその印影が発見されたそうです。

世界で最も有名な美術館、ルーブル美術館に保管されているそうなので、もし、ルーブル美術館にこれから行く機会がある人は、古代で使用された印鑑を是非ご覧になっていただきたいですね。

ページの先頭へ