聞きなれない印鑑用語

印鑑イメージ

重要な書類に押す印鑑で、時々聞きなれない印鑑用語を耳にすることがありませんか?
例えば、印鑑用語には、契印(ちぎりいん)、割印(わりいん)、消印(けしいん)、捨印(すていん)、止印(とめいん)など、難しい印鑑用語がありますよね。
これは、印鑑の種類ではなく、捺印する箇所によって違った意味を成す印(しるし)なんですね。

例えば、契印(ちぎりいん)は、不動産などや多額の融資を受けるといった場合、契約書が複数枚となるために、これらが一つの契約書なんだということを証明するために使用します。
ホッチキスで留めてる契約書などの場合は、その全てのページの開いている部分に、両ページにまたがり押印しなければいけません。

割印(わりいん)は、同じ契約書を2通作成した場合に、同じ契約書であることを証明するために、両方の書類にまたがって押印しなければいけません。

消印(けしいん)は、よく領収書などに貼られている印紙と文書にまたがって押されている印鑑のことです。
消印は、印紙の再使用を防ぐために押すためのものです。

捨印(すていん)は、契約書などの重要な書類の内容に不備が出た場合に、わざわざ、押印をいただかなくても良いように、訂正印となる印鑑を押しておく、予備印です。

最後に止印(とめいん)ですが、止印とは、契約書の末尾に書き立たれることのないように、文字の末尾に押す印鑑のことを言います。
基本的に使用する印鑑は、署名捺印したときの印鑑で良いとされています。

ページの先頭へ