印鑑の歴史について

印鑑イメージ

日本で契約書を交わすときの重要な役割「印鑑」ですが、いったいいつ頃から印鑑は日本で使われるようになったのでしょうか。
今現在、最も古いと言われている印鑑といえば、「漢委奴国王」の金印でしょう。
後漢書に記されてる記述によると、後漢の光武帝が、中元2年に日本の「倭奴国」に金印を授けたという記録があり、「漢委奴国王」の金印は、まさにその印鑑であると言われています。

「漢委奴国王」の金印が発見されたのは、1784年(天明4年)現在の福岡県福岡市東区志賀島の筑前国糟屋郡志賀島です。
日本最古の印鑑として現在「国宝」に指定されています。

日本最古の印鑑は、1784ですが、そもそも印鑑制度の始まりは、それよりも1000年以上も前の奈良時代と言われています。
その当時は、原則的に私印の製造や使用は禁じられており、認められていたのは律令に定めるところの公印のみでした。
しかし、奈良時代から平安時代に入り、私印の製造や使用が認められるようになったのです。

その当時の一般庶民が離婚届および売買をする際の証文などには、ただ氏名を自署するだけでよく、文字が書けないという人は、人差し指で点をうつ、画指という方法が用いられていました。

当時の藤原氏の家印である多くの私印が現在も保存されているようです。

現在ではなくてはならない印鑑ですが、印鑑の歴史についてもっと触れてみると、現在とは違った印鑑の見方や発見が出来るかもしれませんね。

ページの先頭へ