印鑑証明とサイン証明について

イメージ画像

日本では、会社設立のために多くの書類を書き、また用途によって違う印鑑を押したりしなければいけません。
印鑑は、日本社会において、とても重要な役割を果たしているのですが、いったい、いつからこういった印鑑制度があったのでしょうか。
署名などのほかに、実印を捺印をしなければならないという制度は、実は明治6年(1873年)10月1日の太政官布告が始まりとされています言われています。
この10月1日が、正式に市民権を得られた記念日ということで、「印章の日」になったそうです。

このように、印鑑が効力を発する国は、日本と中国などの、ほんのわずかのしかありません。
中でも、日本が一番、印鑑というのもを重要視しているのです。
これほどまで、重要な役割を果たす印鑑というものは、日本独特の文化かもしれません。
しかし、この印鑑制度によって、本人の証明になったり、本人の意思表示になっているのですから、素晴らしい制度ですよね。

しかし、海外から来日し、会社を設立したい場合は、印鑑に変わるものがないため、印鑑証明ではなく「サイン証明」で代用するそうです。
「サイン証明」は、わざわざ、海外に戻らなくても日本国大使館・領事館で取得できるそうです。
会社を設立するときや、車を購入した場合や名義変更の場合に、日本の「印鑑証明」と同じ効力があるのだとか。
しかし、サイン証明は、その国により書式が若干異なるそうなので、海外の人が日本でサイン証明を取る場合は、外務省のホームページをご覧になると良いでしょう。

印鑑素材の種類
http://www.chatlaklak.com/
防犯性の高い印鑑
http://www.icysplash.com/

このページの先頭へ